MT4で原油・NYダウ・日経平均・金のチャート表示ができるのはFXトレード・フィナンシャル

FXTF

MetaTrader4でCFDのチャート、表示したくなりますよね。

海外業者ではMT4上で各種CFD(つまりは原油・NYダウ・日経平均・金・銀・プラチナ・etc・・)などのチャートを表示し、取引することが可能です。

一方、国内業者ではこれらを取引するどころか、表示することすらできません。

FXとNYダウや原油等の価格は影響しあっていますので、なんとか国内業者のMT4上でも表示したいところです。

私はかつてAUD/JPY等の資源国通貨を売買するEA(自動売買プログラム)を書いていたときがありますが、ここでこの壁にぶち当たりました。

資源国通貨は原油価格と強い相関にありますから、安定した国内業者で原油のデータを引っ張ってこれたらどんなにいいか・・!と考え、その時は苦労してこんな方法で海外業者の原油データを引っ張ってきたことがあります。苦労しました。。

ですが、そんな苦労ともおさらばです。先日より、FXトレード・フィナンシャルが国内業者でありながらCFDチャートの表示に対応しました!

国内業者で初!

FXTFでは、MT4上で原油・NYダウ・日経平均・金のチャート表示ができるようになりました。残念ながら取引はできませんが、表示ができるだけで大進歩です!

これで簡単に原油データを用いた自動売買取引が可能になります!

詳しくは公式サイトも見てみてください→FXトレード・フィナンシャル公式サイト

実際に表示してみた

では実際にやってみましょう。

FXTFのMT4を起動してみます。

FXTF

起動するとこんな感じになりますね。

FXTF

左側にずら〜っと並んだ通貨ペア一覧の中に、ありました!

FXTF

このように対応しています(^^)

JPN225
日経平均
US30
ニューヨーク・ダウ
USOil
WTI原油先物
XAUUSD
金先物(ドルベース)

実際に原油を表示させてみたのがこちらです。しっかりと表示されています。

原油

参考までに、こちらのチャートは原油の週足で、ボリンジャーバンド(20期間、2σ)、平均足、でき高、EMA(14)、SMA(20)が表示されています。

実際にMQLコード上で原油価格などを取得するには?

取得するにはいろいろな方法がありますが、例えば

原油の現在価格: iClose(“USOil-cd”,PERIOD_CURRENT,0);

金のボリンジャーバンド(期間20、偏差2)の現在バーの上方値:iBands(“XAUUSD-cd”,PERIOD_CURRENT,20,2,0,PRICE_CLOSE,1,0)

などとなるかと思います。

口座開設はこちらから

安心できる国内業者でCFD価格が表示できるのはFXトレード・フィナンシャルだけのようです。

実際に私も利用してみて、スプレッドが小さく良い業者だと思います。FXトレード・フィナンシャルのメリットはこの記事低スプレッド国内MT4業者のFXトレード・フィナンシャルのメリット・デメリットにまとめてみました。

口座開設は公式サイトからどうぞ!

FXトレード・フィナンシャル公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする