書評レビュー「1時間でわかるビットコイン入門~1円から送る・使う・投資する~」

ビットコイン

今回は「1時間でわかるビットコイン入門~1円から送る・使う・投資する~」という本のレビューです。

紙の本ですと1,080円、Kindle書籍だと540円、Kindle Unlimitedに加入しているなら無料で読める!という、非常にリーズナブルなお値段になります。

本当に1時間で分かるビットコインの入門書

さて、この本は値段も安いのですが、同時にページ数も少ないです。紙の本ではわずか138ページになっています。

しかし、この138ページの中にビットコインに関する基礎知識が詰め込まれており、ビットコインの概要について理解するには充分な本になっています。

ビットコインについて、サッと知ってみたい!という方にとっては良い本であると思いました。

ざっと書籍の内容について紹介してみます。

第1章 ビットコインでできること

第1章では、ビットコインで行えることについて解説されています。

もちろん支払いに使えるのは当然ですが、その他にも投資だったり寄付だったりと、いろいろなことに使えることが紹介されています。

そして、法律的な裏付けについても説明されていますね。

第2章 ビットコインの仕組みと安全性

第2章はビットコインの仕組みと安全性についてです。

ビットコインはブロックチェーンという分散型台帳により、その安全性が担保されています。いかにビットコインが安全かについて説明されています。

ビットコインについてよくご存知ない方は「あの事件があったから危険でしょ?」と言われますが、私はそうは思いません。だって現金だって、銀行強盗されたり、落としたりして無くなってしまうリスクがありますからね。

第3章 ビットコインを「お金として使う」

第3章はビットコインをお金として使う方法について、様々解説されています。

ビットコインが使える場所がどんどんと増えているのは、ニュースなどで報じられている通りです。

もしろんお金をして普通に使うこともできますし、ビットコインを海外送金や寄付などに使うと絶大なメリットを発揮します。

第4章 ビットコインで「投資する」

第4章はビットコインへの投資についてです。

ビットコインの価格は上昇を続けており、ビットコイン投資で億を稼いだ!という人が多数出てきているような状況です。

そんなビットコインあるいは仮想通貨に対してどんな投資法があるのか、どうやって投資すればいいのか?について解説されているのがこの章です。

アービトラージや、証拠金取引などの少し高度な投資法も紹介されています。

第5章 ビットコインは「ここで」「こう買う」

第5章は実際にビットコインを購入する方法について解説されています。

きちんと複数の取引所を比べてみたり、流動性などをチェックすることを薦めていました。

同時に保管方法についても解説されており、ハードウェアウォレットなどの「コールドウォレット」についても解説されています。

実際に取引してみるには

ビットコイン

さて、私の意見ですが、やはりビットコインについて理解するには、ビットコインを実際に使ってみるのが一番だと思っています。

百聞は一見に如かずと言いますが、使ってみないと真にビットコインの有用性を理解できると思います。

ビットコインを使うには取引所に口座開設が必要です。私は日本最大手のbitFlyerと、日本最多12種類の仮想通貨を取り扱っているcoincheckに口座開設しています。どちらもオススメですよ。

ビットコインを買ったら、ビックカメラなど街なかのお店でも使えるようになります。ぜひ試してみましょう!

もう少し詳しく知りたいなら

ちなみに、もう少しだけビットコインについて詳しく知ってみたい方は、こちらの「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」という書籍もオススメになります。

レビュー記事はこちらです→「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」書評レビュー

購入はこちらから

気になる方はぜひ読んでみて下さい!