coincheck、日本で最も多くの仮想通貨が取引可能!登録方法から使い方まで

coincheck

日本にある仮想通貨の取引所で、最も多くの種類の通貨を扱っているのがcoincheckです。

いま持っている日本円でビットコインなど仮想通貨を買うには、日本にある取引所を利用する必要があります。

ただ、日本の仮想通貨取引所ではあまり多くの種類を扱っていません。最大手のbitFlyerでも、ビットコインとイーサリアムの2種類しか扱っていないのです。

そんな中、coincheckという取引所ではビットコインを始めとして12種類もの仮想通貨を取引することが可能です。

coincheck

この記事では、そんなcoincheckの登録方法を書いてみます!

coincheck

coincheckのサイトにアクセスしましょう。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ユーザー登録は、Facebookのアカウントか、メールアドレスで登録ができます。今回はメールアドレスで登録してみます。

coincheck

メールアドレスを登録すると、メールが届きます。

coincheck

メール内のURLをクリックすると、もうアカウント作成が完了です!

本人確認と重要事項への承諾

さて、日本では仮想通貨に関する法律があるので、取引所で取引するには本人確認 & 重要事項の承諾を行わねばなりません。

少々面倒ですが、行っていきましょう。

coincheck

重要事項への承諾

重要事項への承諾はカンタンです。このように、各項目にチェックを入れればOKです。

coincheck

本人確認

本人確認の前に、まずは電話番号認証が必要です。

携帯の電話番号を入力すると、SMSにて認証番号が届きます。その番号を入力することで認証が完了です。

SMS

認証が完了すると、このような表示になります。

電話番号

証明書のアップロード

続いて、個人情報の入力と、証明書を提出します。面倒ですが、法律の観点から仕方ありません。

氏名や住所などを入力していきます。

必要事項

セルフィー提出

続いて、非常に恥ずかしいのですが、提出する証明書と自分が写った写真を提出する必要があります。。。

イメージはこのような感じです。

セルフィ

ちなみに、証明書はこれらが利用できます。

  • パスポート(顔写真のあるページと住所のページ)
  • 在留カード(裏面も)
  • 特別永住者証明書(裏面も)
  • 運転免許証(裏面も)
  • 運転経歴証明書(裏面も。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • 住民基本台帳カード(裏面も)
  • マイナンバーカード(裏面は不要)

なお、このように証明書自体の画像もアップロードします。

coincheck

提出完了!

提出が完了すると、審査が行われます。

coincheck

書留が送られてくる

私の場合は10分後くらいに本人確認書類の確認が完了したので簡易書留にてハガキを発送しまというメールが来ました。

到着まで2~4営業日かかるそうなので、しばらく待ってみましょう。

3営業日で届いた

私(東京)のもとへは3営業日で届きました。発送は福井からのようです。

ハガキには特に何か書いてあるわけではありません。本当に受け取るだけです。

おそらく、郵便局の追跡番号確認ページでチェックしているのでしょう。

coincheck

これで認証完了!

ハガキを受け取って数時間したら、このように本人確認が完了していました。

coincheck

完了のメールもきます。

coincheck

これで全ての機能が使えるようになりました(^^)

coincheckへの登録はこちらからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

お願い

この記事では無料で皆さんに情報提供をしています。

今後も皆さんに有益な情報を提供する為にも、この記事が役立ったら、わずかでも構いませんので寄付を頂けたら幸いです!

BTC(ビットコイン):32qU5rsbWGJ18gQwBeR6eDm1ejw3arw2A7

ETH(イーサリアム):0xb1135c447B9ef9C1B224aD33eEB378D1a40B0d22

ZEC(ZCash):t1JdWcpqjy754sqaf8bYQB6TzZAAtPfWNGn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする