FXのレバレッジは25倍?レバレッジってなに?海外だと888倍?

レバレッジ

FXの本を読んでいると、必ず出てくるレバレッジ。レバレッジとは何でしょうか?

FXでは資金の25倍まで取引できる

ドル

国内のFX業者では、資金の25倍まで取引できます。

例えば、FX業者の口座に10万円が入っていたら、250万円分の取引ができるのです。こうした仕組みをレバレッジ(テコの原理)といいます。

FXってなに?の記事でも書いた通りですが、FXではレバレッジを効かせることで金利も多く貰えたり、利益も多くなります。

逆の言い方をすると?

より正確に言うと、FXでは「取引額の4%(25分の1)の証拠金が必要」という言い方をします。言っていることは同じなのですが、こちらの言い方のほうが実態に近くて分かりやすいと私は思っています。

FXの口座を開設して口座に入金すると、それは「証拠金」と言われます。証拠金とは担保のようなものです。「口座に入っているお金を担保(証拠)として、取引ができる」のです。

そして、FXで取引をするときには、取引したいの4%(25分の1)の証拠金が必要です。

例えば、ドル円を10,000ドル買うとしましょう。この時は1ドル=110円だとすると、110(円/ドル)×10,000(ドル)=1,100,000円の取引をしていることになります。この取引をするのに、必要な証拠金は1,100,000円の25分の1 = 4%です。1,100,000円×4% = 44,000円が必要になります。

なので、44,000円が口座に入っていないとこの取引を行うことができません。

レバレッジってどうやって調整するの?

「レバレッジが25倍は危ないって聞くよ!もっと少なくしたい!」って思いませんか?私もFXを始めるまではこう思っていました。

ですが、実は「レバレッジ25倍」より少なくする必要はないのです。それは「レバレッジは逆算して決まる」からで、「必要以上の取引を行わなければよいだけ」だからです。

どういうことでしょうか?

レバレッジの計算

先ほども言ったとおり、レバレッジ25倍とは「取引額の4%(25分の1)の証拠金が必要」ということです。

例えば、口座に110万円が入っているとしましょう。このときに1ドル=110円としてドル円を10,000ドル買うとき、必要な証拠金は44,000円です。44,000円の証拠金が必要ですが、口座には110万円が入っているから問題ないですね。

さてこのとき、レバレッジはこのように計算します。

レバレッジ

あれ?レバレッジ25倍というけれど、実態はレバレッジ1倍ですね。だって口座残高の110万円で110万円の取引をしているわけですから。

そう、このようにレバレッジは取引額を残高で割って求められます。逆算して決まるのです。レバレッジを高くしたくなければ、「取引額」を多くしなければ良いだけなのです。

海外だとレバレッジが高いって聞いたけど?

そうなんです。海外業者であれば、高いレバレッジが可能です。888倍という業者もあります。

ただし、これを危険だ!と思わないようにして下さい。私は逆に「自由だ!!」と考えています。

レバレッジ888倍ということはつまり、「取引額の888分の1の証拠金しか必要とされない」ということです。必要なお金が少額で済むので、自由度が高いのです。

国内業者は「取引額の25分の1の証拠金を必要とされる」ので、必要なお金が多くて不便なのです。

私は海外業者はTitanFX Bladeという口座を使っています。詳しくはMT4対応FX会社の選び方という記事も御覧ください。

どうやってFXを始めたらいいの?

これからFXを始める方にはDMM FXがおすすめです。DMM FXを使う人のほとんどは初心者と言われており、はじめてFXを取引する方への情報が満載です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする