FXのPipsとは?何でみんなPipsを書くの?Pipsっていくら?

2017年2月5日

Pips

FXに関するブログや掲示板を見ていると、「今週は132.1pips利益」「-120pips損失だ、、」などと、Pipsという単位で収益を書いています。

Pipsとは何なのでしょうか?

Pipsとは値動きの単位

Pipsはピップと読みます。人によってはpipと書いたりピプと書いたりしますが、どれも同じです。

例えば、Aさんがドル円を101.101円のときに買って、101.203円のときに決済していれば、Aさんは+10.2pipsの利益です。

Bさんがユーロドルを1.06234のときに売り、1.06100のときに決済すれば、Bさんは+13.4pipsの利益です。

計算方法はこうです!

Pipsの計算方法

pipsの計算方法は、取引が○◯円の取引か、それ以外かで異なります。○○円の取引は、1銭の値動きが1pipsになります。小学生の時に習った筆算で計算してみます、笑

pips

一方で○○円以外のときにはちょっと違います。0.0001の値動きが1Pipsになります。多くの業者では、小数点以下は5桁ありますので、最後から2つめの桁が1Pipsですね。

Pips

Pipsで利益を書くとここが便利

さて、ではなぜネット上ではみんなPipsで利益を書くのでしょうか?そのメリットは2つあるのです。

具体的な利益額を隠せる

Pipsで書くと、具体的な利益の額が隠せます。なんとなくネット上では、自分の利益を書くのは嫌ですよね。Pipsで書けば具体額が隠せるのです。

「今週は132.1pips利益」とAさんのブログに書いてあっても、具体的にAさんがいくら儲けたかは分からないのです。

どの通貨でも公平に利益を合算できる

Pipsという単位がないと、違う通貨での利益が合算できません。

例えばこういう場合を考えてみましょう。

Aさんがドル円を101.101円のときに買って、101.203円のときに決済。Aさんは+10.2(銭)の利益。

同じくAさんがユーロドルを1.06234のときに売り、1.06100のときに決済、Bさんは0.0134(ドル)の利益。

Aさんは今週の利益をまとめて日記に付けたいとき、困ってしまいます。単位が違うのでドル円とユーロドルの利益を合算できないからです。

ここでPipsであれば、ドル円の+10.2pipsとユーロドルの+13.4Pipsを足して、合計+23.6Pipsの利益、とまとめて記載することができます。

1Pipsっていくらなの?

Dさんのブログに「今週は+200Pipsの利益だ」と書いてあった時、Dさんの儲けは計算できるのでしょうか。

実は正確に計算はできません。理由は2つです。

取引量が分からない

Dさんが、どれだけの量を取引しているのか分かりません。

例えばDさんがドル円で+200Pips獲得したとしましょう、この時、Dさんが10,000ドル分を取引していれば10.000×200(Pips)÷100で2万円の利益になります。

ですがDさんが100,000ドル取引していれば20万円です。取引量がわからないので、具体額は分かりません。

1Pipsの儲けは通貨ペアによって変わる

1Pipsの儲けは通貨ペアによって変わります。例えば、ユーロドルを考えてみましょう。

ユーロドルの1Pipsとは0.0001ドルの値動きのことです。Eさんが10,000ユーロの取引をして+100Pips獲得していたら、10,000(ユーロ分)×0.0001(ドル)×100(Pips)の値動き、つまり100ユーロを獲得したことになりますね。

そして100ユーロをその時のレートで日本円になおす必要があります。だいたい1ユーロは120円ですので、12,000円くらいですね。

100Pips獲得してもそれが○○円以外の通貨ペアなら最後に日本円になおすので、1Pipsの儲けが異なってしまうのです。

どうやってFXを始めたらいいの?

これからFXを始める方にはDMM FXがおすすめです。DMM FXを使う人のほとんどは初心者と言われており、はじめてFXを取引する方への嬉しい情報が満載です。

口座開設はとても簡単にできます!