bitFlyerでビットコインを実際に送金してみる・受け取ってみる

こちらの記事では、ビットコインのメリットを紹介してみました。

本記事では、実際にビットコインを送ったり受け取ってみます!

なお、本記事ではbitFlyerを使って送金をしております。口座開設はこちらから可能です。

ビットコインを送ってみる

bitFlyerでビットコインを送るには、ログインした後のメニューの中から「入出金」を選択します。

入出金

ビットコインを送る場合には、その中から「BTCご送付」を選択します。

送る

送金先を登録する

さて、ビットコインを送るのでもちろん送金先が必要になります。

ビットコイン取引では、ビットコインアドレスという英数字の羅列、日常生活で言う口座番号のようなもので、取引を行います。送金するには、相手先のビットコインアドレスが必要です。

今回は、日本赤十字社への寄付を行ってみました。ビットコインアドレスは1RCJPNCX9xwhogzZ5XrKWDjpXF1qmSVXxです。

(ちなみに、筆者のビットコインアドレスは32qU5rsbWGJ18gQwBeR6eDm1ejw3arw2A7です。こちらへの送金も大歓迎です!笑)

この日本赤十字社のビットコインアドレスを、こちらに入力します。

アドレス

左側の空欄にはラベルを入力します。ラベルとはただの「ビットコインアドレスだと、単なる英数字の羅列なので、あとで見返したときに誰が誰なのか分からなくなってしまう。そうならないように、アドレスに名前をつけておける」機能のことです。

入力が終わったら、「追加」ボタンを押します。

送金する

次に、下の画面から、送付するビットコイン量を選びます。ビットコイン量を入力すると、日本円での参考価格も出てきます。

ビットコイン

左下の「追加手数料」を選ぶことができます。ビットコインの取引は、その仕組み上ある程度の時間がかかってしまうのですが、追加手数料を支払うと取引が早くなります。特に急ぎの取引でなければ、追加手数料を支払う必要はありません。

では、送金を行ってみます。

送金完了

送金が完了して、画面にこのような表示が出ました。しばらくすると、送金が完了します。おつかれさまでした!

ビットコイン

ビットコインを受け取ってみる

では、次にビットコインを受け取ってみます。つまり、自分のビットコインアドレス(口座番号)を確認してみましょう。

「入出金」をクリックして、「BTCお預入」をクリックすると、自分のビットコインアドレスが表示されます。

ビットコイン

あとはこのビットコインアドレスを、他の人に教えて送金してもらえばOKです。

このようにしてビットコインはやり取りされています。以上、ビットコインの送金&受取でした。

bitFlyerの口座開設はこちらから可能です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする