ConoHa for Windows Server登場!さくらのVPSと比較してみた

2018年5月31日

ConoHa for Windows Server

先日、このブログのWordPressを動かすためにConoHaを契約してKUSANAGIを利用し始めました

ConoHa VPSを契約して以降、ConoHaの使い勝手とパフォーマンスの良さにとても満足しています。

そんなConoHaから「ConoHa for Windows Server」が新登場しましたので、レビューしてみます!

気軽に試せるConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverは、その名の通りConoHa VPSでWindows Serverが使えるサービスです。

多くのサーバーでは、CentOSなどLinuxが動いていると思います。が、GUIでサーバーの操作ができたり、WindowsのPCから操作が容易なことなどから、Windows Serverも人気を集めています。

さくらのVPSと比較

さくらのVPS for Windows Server

ConoHa for Windows Serverですが、やはりどうしてもさくらのVPSと比較してしまうでしょう。

ここでは、「ConoHa for Windows Server」と「さくらのVPS for Windows Server」とで、主要機能を比較してみました。

ConoHa さくらのVPS
メモリ 初期費用 月額 CPU SSD 初期費用 月額 CPU SSD
768MB プランなし 2,000円 1,000円 1コア 30GB
1GB 0円 1,800円
3.2円/時
2コア 50GB 3,000円 2,000円 2コア 50GB
2GB 0円 3,200円
5.5円/時
3コア 50GB 5,000円 3,500円 3コア 100GB
4GB 0円 5,900円
10.0円/時
4コア 50GB 8,000円 6,000円 4コア 150GB
8GB 0円 10,500円
17.3円/時
6コア 50GB 14,000円 11,000円 6コア 300GB
16GB 0円 19,500円
31.6円/時
8コア 50GB 23,000円 20,000円 8コア 600GB
32GB 0円 48,000円
82.4円/時
12コア 50GB プランなし
64GB 0円 89,000円
151.1円/時
24コア 50GB

表を見てみると、CPUコア数やメモリ容量には差がありません。しかし、料金とSSD容量には大きな違いが出ています。

価格

お金

価格に関して、まずConoHa for Windows Serverの圧勝なのが初期費用がかからない & 最低利用期間もないところです。

さくらVPSの方では数千円〜数万円の初期費用がかかってしまうことに加え、3ヶ月の最低利用期間があります。どちらもConoHaでは一切不要なので、気軽に試すことができますね。

しかもConoHaは、正確には月額料金ではなく時間単位課金になっています。例えば、1時間だけサーバを稼働したら1時間分の料金しかかかりません。サーバの立ち上げも本当に気軽に試すことができます。

me
私も始めてConoHaを使う際、実験として何回もサーバ立ち上げができたので助かりました

さくらVPSでは年間一括払いで割引も可能

ただし、さくらVPSでは、12ヶ月分を一括払いすることで、11ヵ月分の料金で済む割引制度があります。

ConoHaにはこうした制度はありません。

短時間の利用ならConoHaの方がメリットが多いですが、「絶対に長期利用する」と分かっているなら料金面での差はさほど無いでしょう。

お試し期間

さくらVPSでは、2週間のお試し期間が用意されています。

一方で、ConoHaでは新規アカウント登録で700円分のクーポンが付与されるキャンペーンを行っています。

me
700円あれば、1GBプランなら最大で2週間くらいお試し利用ができますね。

SSD容量

SSD

さくらVPSが強いのが、SSD容量です。

ConoHaでは、どんなプランを選んでもSSDの容量は50GBです。一方でさくらVPSでは、最安のメモリ768MBプランこそSSD容量は30GBですが、プランが上位になるにつれ容量も増えていき、メモリ16GBのプランではなんとSSD容量が600GBあります。SSDが600GBというのは、相当な容量ですよね・・

ただし、ConoHaでは別料金でSSD容量を追加することができます。

ConoHaでSSD容量追加 料金
200GB追加 2,500円/月(3.5円/時間)
500GB追加 4,500円/月(6.3円/時間)

ここら辺はサーバーの用途によると思います。SSD容量がそんなに不要な方にはConoHaも良いと思います。

ConoHaのメリットは気軽さ

料金面とSSD容量にそれぞれメリットはありますが、ConoHaが強いのは気軽さです。

me
短期間だけサーバを立てたい
me
Windows Serverのことを勉強したり実験してみたいから、ちょっと試しにWindows Serverを使ってみたい

なんて場合には、間違いなくConoHaの方がいいでしょう。みなさんもぜひ試してみてください!

ConoHa for Windows Server公式サイトへ

通常のConoHaもおすすめ

Windows ServerでないほうのConoHaに関しては、こちらの記事もご覧ください(^^)