MT4で新規チャートを開いたときのデフォルトの見た目、インジケータを変える

定型

MT4を使っていると、自分のお気に入りのチャート表示、インジケータが出てきますよね。

例えばMT4の標準では黒い背景ですが、私は見やすい白背景が好みです。もちろんローソク足表示が良いです。

また、インジケータは下記があるのが良いですね。

  • ボリンジャーバンド
  • 平均足
  • EMA(指数移動平均)
  • SMA(単純移動平均)

この表示方法をデフォルトにしてしまいます。

標準のチャートは、、

MT4の標準のチャートはこのようになっています。見にくくて困ってしまいますね、、

チャートもローソク足ではなくバーチャートですし、何のインジケータも表示されていません。これをまず改善していきましょう。

チャート

白い背景にする

私の好みの白背景にします。右クリック→プロパティを選択して、

チャート

この画面から配色を変更できます。「基本配色」から配色パターンも選べます。

細かく色を変えたい方は、右側から細かく色を変更できます。

配色

ローソク足にする

やっぱり日本人には、日本人が開発したローソク足が良いでしょう。ボタン一発でローソク足になります。

ローソク足

インジケータを追加

必要なインジケータを「ナビゲーター」からチャートにドラッグ・アンド・ドロップして、インジケータをどんどん追加しましょう。

インジケータ

テンプレートを保存

さて、ここが本題です。

自分のお好みのチャート表示が完了したら、このようにしてデフォルトに設定します。

チャートを右クリックし、「定型チャート」→「定型として保存」をクリックします。

定型

ここが一番大事です。ファイル名を「default.tpl」にして保存します。

default.tpl

完成!

これで、新しくチャートを開くと自分のお好みのチャートが完成した状態になります!