低スプレッド・高レバレッジな海外FX業者 Titan FX Bladeの口座開設、入金から取引まで解説

Titan

今回は、海外FX業者の中でも最近かなり日本人に対して有名になりつつあるTitan FXについて紹介します。

読み方はタイタンですが、可愛く「ちいたん」と呼ぶ人もいます、笑

Titan FXについて

Titan FXはニュージーランドに本拠を置くFX業者です。いわゆる海外FX業者です。

海外FX業者は日本の金融庁の規制を受けていませんので、稀にトラブルを耳にするものの、国内業者では考えられない高レバレッジの取引ができるので、大変便利です。

危険な業者を選ばず、多くの日本人が使っている安心の海外業者を選べばかなり安心・便利に海外FXが楽しめるかと思います。

高レバレッジ・低スプレッド

レバレッジは500倍です。例えば、USDJPYを1lot=10万ドル保有する場合、必要な証拠金は10万ドル×120円÷500=24,000円です。
1,200万円分の米ドルが、2万4千円で持てます。

スプレッドはとても狭く、EURUSDなどは0.1pipsです。国内ではせいぜい0.5pipsくらいだと思いますので、比べ物になりません。

ゼロカット

ゼロカットを採用しているので、テロなどなどによる急激な相場変動が起きて、自分が入金した証拠金以上の損失が発生したとしても、ゼロカット、つまり損失を被る必要がありません。非常に便利ですね。

多くの銘柄を取引可能

FXだけでなく、株式指数(日経平均、NYダウなど)、金属(金、銀、プラチナなど)、エネルギー(原油、天然ガス)なども取引可能です。

口座開設

では、早速口座開設をしてみましょう。Titan FXのトップページにアクセスしてみてください。もし英語のページになっている場合は、ここから日本語にできます。

Titan

口座開設はこちらのボタンからスタートです。

Titan

名前、住所などを入力

まずは個人情報を入力します。名前や住所、生年月日などです。海外業者といえど、しっかり入力しなくてはなりません。

※最悪、偽名を入力しても取引自体はできますが、出金ができないかもしれませんのでご注意を、、

Titan

パスワードなどの登録

次にパスワードと、秘密の質問を入力します。

Titan

口座タイプの選択、Bladeがおすすめ

次に、口座タイプを選択します。TitanFXの口座タイプは2種類(StandardとBlade)ありますが、たいていの人は低スプレッドなBladeを選択します。

通貨も日本円、レバレッジも500倍を選ぶ人が大半でしょう。

Titan

口座タイプの違いは下記のとおりです。この表を見てもなかなか分からないので、とりあえずBladeを選択しておけば間違いないと思います。

Titan

同意、そして送信

そして、いろいろと文書に同意します。問題なければ送信して完了です。

Titan

メールを確認

開設が完了すると、このような画面になります。「メール送ったから、メールの中のボタン押してね」と書いてあります。

※ちなみに、このメールにも書いてありますが、出金をするときには身分証明書の提出が必要になります。オンラインで画像を送るだけでOKです。

Titan

受信ボックスを見てみると、このようなメールが来ていますので、ボタンを押します。メール

口座開設完了!

これにて口座開設完了です!完了の証に、このようなメールが届きます。

MT4のログイン情報が書いてありますので大切に保管しましょう。MT4のダウンロードもここから可能です。

Titan

ログインして入金

ログインはここからできます。メールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

※メールで送られてきたMT4の口座番号とパスワードとは違います。

Titan

ログインするとこのような画面になります。右側のボタンから入金が可能です。

Titan

入金方法は色々ありますが、多くの方はクレジットカード入金を選ぶのではないでしょうか。

入金

クレジットカードの場合は、このようにクレジットカード情報を入力します。

入金

MT4のダウンロード、ログイン

MT4のダウンロードはこちらから可能です。ダウンロードしたらそのままインストールしましょう。

インストールするとこのような画面になります。口座開設が済んでいる場合は、サーバーは「TitanFX-01」を選択しましょう。

Titan

メールに記載のあった口座番号とパスワードを入力してログインします。

ログイン

これで完成です!ウインドウ一番右下に、「回線不通!」などでなく、データ量が出ていれば問題なくログインできています。

TitanFXの口座開設はこちらから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする