EasyLanguage 基礎の基礎 プログラムの書き方④もし〜なら

if

さて、プログラムのすごいところ、「もし〜なら」を勉強します。

もし〜〜〜なら、って売買で良く使いますよね。

  • もし◯円より上がったら買おう!!
  • もし✕円を下回った損切りしてしまおう、、、

こんなこともプログラムで書けちゃいます。プログラムでもし〜〜ならを実現する、「If文」について勉強します。

If文

If 条件式 Then 真の場合 Else 偽の場合;

If文はこのような形になっています。Excelなどを触ったことがある方は、わかりやすいのではないでしょうか。

日本語で書いてしまうと、先ほどの条件は

  • If 「株価が◯円より上がった」 Then 「買おう!!」 Else 「何もしない」
  • If 「株価が✕円を下回った」 Then 「損切りしてしまおう、、、」 Else 「何もしない」

となります。ちょっとはわかりやすくなったでしょうか。

こんな時もありますよね。

もし株価が△円以下になったらやばい!!A社とB社とC社の株を全部売ろう!!!

そんなときには、こんな書き方もできます。

If 条件式 Then Begin

真の場合の処理 1;

真の場合の処理 2;

・・・・

End;

複数行に渡るときには、BeginとEndで囲ってあげる必要があるのです。つまり、こういうことです。

If 「株価が△円以下になった」 Then Begin

「A社の株を売る」;

「B社の株を売る」;

「C社の株を売る」;

End;

//こんな状況にはなりたくないですね、笑

EasyLanguage 基礎の基礎、次の記事はこちら

ちなみに前の記事はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする