EasyLanguage 基礎の基礎 プログラムの書き方②変数

変数

さて、プログラムの書き方、続きです。

Inputs: TakeProfit( 100 );

Inputs: StopLoss( 100 );

Inputs: Lots( 100 );

Inputs: SMAperiod( 22 );

Vars: sma( 0 );

sma = Average(Close, SMAperiod);

if Close > sma then Buy ( “Long” ) Lots shares This bar on Close;

if Close < sma then SellShort ( “Short” ) Lots shares This bar on Close;

コメントをつける

プログラムって、すごく長くなることがあります。なにせお金がかかっていますから、笑

時には何千行にもなったりします。そんな時には、「この箇所はなんのためのプログラムなのか?」をコメントとして書いておくことができます。メモ書きです。

コメントは、このような方法で書くことができます。

  • // (スラッシュ2個)のあと、同じ行に書く
  • {} でコメントを囲む

//これはコメントです

{これもコメントです}

{

これもコメントです

}

//

これはコメントではありません (//を使ったら、同じ行でないといけません)

変数って?

変数ってわかりにくいですよね。でもまぁ、中学で習ったXとかYだと思ってください。XとかYには、数字が入っています。

よく「箱」に例えられます。箱を用意してあげると、箱のなかに色々なものを入れることができます。

しかもなんと、EasyLanguageでは、XとかYにも「文字」とか「OK! または NG 」を入れることができます。

文字は、読んで字のごとく、文字です。Xの中には”山田太郎”とか、”日銀金融政策決定会合”みたいな文字を入れることができます。

「OK! または NG 」は、ちょっと難しいですね。専門用語では真理値とか、bool値、といったりします。

例えば、Z に 120 > 100 の計算結果を入れることができます。このとき、120>100は成立していますので、Zにはtrue(OKとか、成立という意味)が入ります。

変数を使うには

変数を使うには、箱を用意してあげないといけません。箱を用意するには、このように記載します。

//箱を用意する(これはコメントですよ!)

Vars:x(100);

Vars:y(“test”);

Vars:z(true);

箱を用意するには、Vars: 変数の名前 (箱の中身); と記載します。

このとき、xには100が、yには文字列”test”が、zにはtrueが入っています。

だんだん分かってきましたでしょうか、次第に分かっていきましょう。

EasyLanguage 基礎の基礎、次の記事はこちら

ちなみに前の記事はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする