EasyLanguage 基礎の基礎 プログラムの書き方①

?

さて、前回の記事でプログラムってなんなのか?を簡単に説明しました。ここではプログラムをどうやって書いていくのか、を説明しましょう。

Inputs: TakeProfit( 100 );

Inputs: StopLoss( 100 );

Inputs: Lots( 100 );

Inputs: SMAperiod( 22 );

Vars: sma( 0 );

sma = Average(Close, SMAperiod);

if Close > sma then Buy ( “Long” ) Lots shares This bar on Close;

if Close < sma then SellShort ( “Short” ) Lots shares This bar on Close;

セミコロンが大事

すべての文末に、 ; (セミコロン)があるのに気づいたでしょうか。EasyLanguageでは、文の終わりであることをセミコロンで示します。

セミコロンが書かれていないと、コンピュータくんは「ここが文の終わり!」と認識してくれないのです。厳密ですね。

計算の仕方

プログラムでは、よく計算をします。例えば

昨日の終値より現在値が大きかったら買い

この「大きかったら」って、計算ですよね。ちょっと中学高校の数学らしくすると、Xが昨日の終値、Yが今の値段(例えば120円)としたとき、

X<Y であれば買い!

というプログラムを書けばいいのです。例えば昨日の終値Xが100円、今の値段Yが120円ならば、X<Yが成立します。OK!ということです。

こうなると、プログラムくんは「OKになった!よし!買おう!」と認識してくれます。

プログラムでは色々な計算方法があります。例えばX+100 < Yであれば、昨日の終値より101円以上高くなければなりません。

その他、計算にはこのようなものがあります。

記号
意味
+
足し算
引き算
*(アスタリスク)
掛け算
/(スラッシュ)
割り算
>
左のほうが大きい
<
右のほうが大きい
>=
左は、右以上
<=
右は、左以上
<>
右と左は違う値

ゆっくり覚えていきましょうね。

EasyLanguage 基礎の基礎、次の記事はこちら

ちなみに前の記事はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする