ハッシュレート改善!RADEONのマイニング向け新ドライバを試してみた

結果

マイニングブームにより、AMD RADEON RX4x0/5×0を使ってイーサリアムのマイニングをしている方は多いと思います。そんな人に向けて先日、AMDから公式にマイニング向けのRADEONのドライバがリリースされました。

このドライバ、まだベータ版ですが、私は実際にしばらく利用してみて効果を実感しましたので、紹介してみます。

このドライバを入れると、イーサリアムのマイニング速度(ハッシュレート)が10〜15%ほど向上します!

マイニング向け新RADEONドライバ

このドライバは、「Radeon Software Crimson ReLive Edition Beta for Blockchain Compute」といいます。要するに、RADEONのマイニング向けのベータのドライバということですね。

Radeon Software Crimson ReLive Edition Beta for Blockchain Compute

イーサリアムのマイニングでは、DAGファイルと呼ばれるデータをグラフィックボードのVRAMの中に展開します。年々このDAGのサイズは巨大になっていて、現在VRAMが2GB以下のグラフィックボードではイーサリアムのマイニングができなくなっているほどです。

今までのRADEONのドライバでは、このDAGが大きくなるとハッシュレートが低下するという欠点を抱えていました。しかし、今回のドライバで、この欠点が解消されたことになります!

DAG hashrate drop

※画像は1stminingrigより

ドライバのダウンロード

ドライバのダウンロードはこちらから行えます。現時点で対応しているOSはWindows7/10です。

Radeon Software Crimson ReLive Edition Beta for Blockchain Compute

Radeon Software Crimson ReLive Edition Beta for Blockchain Compute

インストール方法

きちんとインストールするにはいろいろ手順が複雑なので、ゆっくりと進めていきましょう。

まずは旧ドライバを完全アンインストール

いま入っている旧ドライバをアンインストールします。

その際、トラブルを防ぐためにDDU(Display Driver Uninstaller)を使って旧ドライバを完全アンインストールするようにしましょう。

DDUを利用すると、Windowsをセーフモードで再起動し、ドライバをキレイさっぱり消し去ってくれます。

Display Driver Uninstaller

新ドライバをインストール

完全アンインストールが終わったら、新ドライバを通常どおりインストールします。

ドライバのインストール手順は通常となんら変わりません。

BIOSを改造している方は

RADEONのBIOSを改造している方は、ドライバのインストールが終わって再起動する前に、ATImdag Patcherのパッチを当てておきましょう。

パッチをあてないとRADEONが正常に認識されません。

ATImdag Patcher

AFTERBURNERもインストール

必要な方は、AFTERBURNERなどオーバークロックツールをインストールしましょう。

なお、AFTERBURNERも最新版(4.4.0 beta16以上)でないと、RADEONが認識されません。

完了!

これで手順は完了です。

PCを再起動して、マイニングを再開しましょう!

改善結果

こちらは、新ドライバをインストールする前と後でのハッシュレートの比較です。

ご覧の通り、ハッシュレートが上がっているのが分かりますね(^^)

結果

気になる方は試してみましょう!

お願い

この記事では無料で皆さんに情報提供をしています。

今後も皆さんに有益な情報を提供する為にも、この記事が役立ったら、わずかでも構いませんので寄付を頂けたら幸いです!

BTC(ビットコイン):32qU5rsbWGJ18gQwBeR6eDm1ejw3arw2A7

ETH(イーサリアム):0xb1135c447B9ef9C1B224aD33eEB378D1a40B0d22

ZEC(ZCash):t1JdWcpqjy754sqaf8bYQB6TzZAAtPfWNGn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする