マイニングにはAMD Radeon RX570/RX580よりNVIDIA GeForce GTXの方が良さそう

この記事を書いている現在、仮想通貨のマイニング目的として、AMDのRADEON RX570/580が非常に売れています。

RADEONが秋葉原から消えたとニュースにもなり、ヤフオクやメルカリでは値段が高騰している模様です。。

なぜRadeonが人気なのかというと、ビットコインに次ぐ仮想通貨の時価総額2位のイーサリアムにRadeonが向いており、イーサリアム価格が高騰しているためです。

イーサリアム

また、RadeonがGeForceよりも安価に購入することができることも人気の要因です。

例えばRX580は3〜4万円で買えますが、GeForceは1080クラスになると更に倍の値段が、、

実際、GeForceの方が良いのでは?

さて、人気のRadeonですが、冷静に未来の事を考えてみると、GeForceを買ったほうが得するのでは?と私は考えています。

その理由はこちら!

イーサリアム以外のマイニング効率が良い

Radeon RX570/580のイーサリアムのマイニング効率は確かに良いです。これに関してはGeForceはなかなか勝てません。

しかし、ZCash、モナーコインなど他のアルゴリズムを用いる仮想通貨に関しては、おおむねGeForceの方が速いのです。Radeonは勝てません。

geforce

つまり、仮にイーサリアム価格が下落したり、イーサリアムのDifficulyが急上昇するようなことがあれば、Radeonは使い物にならなくなってしまうのです。

GeForceの方が電力効率が良い

Radeon RX570/580をお使いの方なら分かると思いますが、Radeonは金食い虫、というか電気食い虫です。BIOSのセッティング等を頑張って頑張って調整しなければ、1枚で150W以上も使ってしまいます。

これに比べ、GeForceはあまり電気を食いません。簡単に電力制限をかけることもできますし、便利です。

中古でも高値で売りやすい

GeForceの更なるメリットがこちらです。GeForceは値下がりしにくいので、中古でも高値で売ることができます。

マイニング用途に加え、GeForceはゲーム用途と人工知能用途など幅広い範囲から需要があるので、中古価格が高値安定しているのです。

なので、仮にマイニングを撤退するようなことがあっても、高く売り払うことができます。

Radeonは売っても二束三文にもならないかもしれません。。。

セッティングしやすい

Radeonで高ハッシュレート&低電力を実現するには、BIOSの改変が不可欠になっています。

この行為は保証が効かなくなりますし、BIOS改変は危険を伴う行為です。そして、何枚ものRadeonに改造を行うのは面倒です

GeForceならBIOSの改変は不要です。ツールでパワーリミットを抑えてやるだけで低電力化が実現できます。

というわけで、GeForceオススメです

いろいろ調べて、私は今のところRadeonとGeForceを半々で持つようにしています。リスク分散ですね。

両方揃えることで、様々な仮想通貨をマイニングできるので分散できて良いと思っています。

GeForceは高いですが、その価値があると思います。購入はこちらからどうぞ!

お願い

この記事では無料で皆さんに情報提供をしています。

今後も皆さんに有益な情報を提供する為にも、この記事が役立ったら、わずかでも構いませんので寄付を頂けたら幸いです!

BTC(ビットコイン):32qU5rsbWGJ18gQwBeR6eDm1ejw3arw2A7

ETH(イーサリアム):0xb1135c447B9ef9C1B224aD33eEB378D1a40B0d22

ZEC(ZCash):t1JdWcpqjy754sqaf8bYQB6TzZAAtPfWNGn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする