トレードステーションEasyLanguageで、現在の足種、◯分足かを取得する

日足

トレードステーションEasyLanguageで、設置されているチャートが何分足か知りたいときがあります。

例えば、「自動売買を日足でのみ動作させたい」ときに、間違えて他の足種のときにはストラテジーを動作させないようにプログラムを組んでおきたいでしょう。

また、◯分足かでプログラムの記述が若干変わったりします。

そんなときにはこんなコードを使いましょう。

BarInterval と BarType

EasyLanguageには予約語BarIntervalとBarTypeがあります。

それぞれこんな意味があります。

BarInterval

BarInterval は、日中、でき高、およびティックデータに対して使用されたときのみ有効です。日中の時間ベースの足については分数や秒数、でき高ベースの足については株数やコントラクト数、またはテックベースについてはティックカウントを返します。

BarType

分析テクニックを適用する価格データの間隔設定を示す数字を返します。

0 ティック足
1 分足
2 日足
3 週足
4 月足
5 ポイント・アンド・フィギュア
6 予約済み?
7 予約済み?
8 カギ足
9 KASE
10 新値足
11 モメンタム
12 レンジ
13 練行足
14 秒足

上記を見ても分かりませんね。例を示しますね。

例えば5分足でのみ動作させたいときには、こんなコードになります。

if BarInterval = 5 AND BarType = 1 then begin
   //5分足で行いたい処理
end;

日足でのみ動作させたいときには、こんなコードになります。

If BarType = 2 then begin
 //日足
end;

 

トレードステーションで自動売買を行うには、こちらの記事もご参考下さい。

トレードステーションで株の自動売買を始めるために