トレードステーションで株の自動売買を始めるために

2017年1月23日

トレードステーション

株に興味を持ち、取引をしていると、「この株、自動で売買してくれないかな」と思ったことはあるのではないでしょうか。

日々株価をチェックしたり、実際に注意深く売買注文を出していくのは、なかなか大変な作業です。あるいは、自分の意志で売買注文を出していると「感情に流されてしまう」ということがあります。

株の自動売買をすることで、こうした自分の意志での取引(裁量取引といいます)とは違った、多くのメリットが生まれます。

つい先日まで、個人が株の自動売買を行うことはなかなかハードルが高いものでした。しかし、マネックス証券のトレードステーションが登場してその状況は一変しました。

トレードステーションは、個人でも非常に高度な株の自動売買を行うことができます。この記事では、そんなトレードステーションを使った株の自動売買のやり方を説明します。

はじめに:株の基礎知識を身につける

さて、トレードステーションはなかなか高度なツールです。「今から始めて株の取引をする」という方には、かなりハードルが高いツールだと思います。

始めて株の取引をするという方には、まずは株の入門書を読むことをオススメします。評判が良いのは、例えばこちらの書籍です。

①トレードステーションの口座開設をする

マネックス証券の口座をお持ちでない方は

トレードステーションで株の自動売買をするには、もちろんトレードステーションの口座開設は欠かせません。口座開設はこちらから可能です。

トレードステーション

口座開設手順が知りたい方は、こちらをご参照下さい。

また、少し手順が増えますが、fx-onというサイトを経由してトレードステーションの口座開設をすると、自動売買プログラムが無料でもらえるキャンペーンが行われています。

fx-on

詳細はトレードステーション口座開設で、自動売買プログラムがもらえるキャンペーン!をご覧ください!

マネックス証券の口座をお持ちの方は

電話一本でトレードステーション口座を開設できるようです。

ただし、トレードステーション口座開設でIPOへの申込みなどができなくなります。詳細は公式サイトをご参照の上、お電話をお願いします。

②トレードステーションをインストールする

トレードステーションのインストール手順は日本株が自動売買できる、トレードステーションをインストールする方法をご参照下さい。簡単にインストールできます。

③ストラテジーを試して検証する

さて、トレードステーションでの、株の自動売買の設定のやり方にも記載したとおり、自動売買自体はとても簡単に実行可能です。

ですが、私達が欲しいのは「安定して資産が増える」自動売買ですよね。そのためには検証が欠かせません。

市場には何千もの銘柄があります。ある銘柄Aではうまくいったストラテジーも、他の銘柄Bでは散々な結果かもしれません。

そのためにはバックテスト最適化を行い、検証を行っていく必要があります。

④実際に自動売買を行ってみる

うまく動きそうな自動売買プログラムと銘柄の組み合わせが見つかったら、細心の注意を払って自動売買をスタートさせましょう。

そして必ず、実際に自動売買を動かしてみて上手く行ったかどうかの検証を行うべきです。このような実際の取引をもとに検証を行うことをフォワードテストなどと言ったりします。

検証と改善を重ね、安定して資産が増える自動売買を実現していきましょう!

発展:VPSを契約する

VPSとは、簡単に言えば、ネット上に借りられるパソコンの事です。(参考:Wikipedia

VPSを借りることで、下記のようなメリットが生まれます。

  • 自分のパソコンを起動していなくても、自動売買してくれる
  • VPSは安定しており、フリーズしたりすることが少ない。
  • 自宅が雷などで停電したとしても、VPSは動き続ける。
  • 自宅にMacしかなくても、Windowsを使うことができる。

FXの自動売買をする場合、VPSは必須です。FX市場は月曜朝〜土曜の朝まで常に動いていますので、常に自分のパソコンを動かし続けているのはなかなか難しいからです。

しかしながら、株の場合は平日の9時〜15時まで動いていればいいので、自宅のパソコンでも良い、という方も多いと思います。より自動売買を便利にしたい方はVPSを契約すると良いでしょう。

トレードステーション対応、VPSの選び方

こちらはFX用のVPSの契約の仕方ですが、そのままトレードステーションでも使えます。

有名FX用VPS、お名前.com デスクトップクラウドの始め方