MacOSX El Capitanがプチフリーズする”Stalling for detach”問題

stalling for detach

最近、Macである問題が多く報告されています。El Capitanでのプチフリーズ問題です。

その症状としては、以下の様なものです。

  • 突然、10秒〜1分ほどMacが動作しなくなる
  • マウスポインタだけ動く
  • フリーズは何度も連続する
  • フリーズが終わると、フリーズ中の動作がまるで高速再生されるように動き出す
  • そしてまたフリーズする
  • 再起動すると一旦は治る

症状が発生すると、発生時刻にこのようにコンソールに「Stalling for detach …」と記録されます。下記の例では、10分間の間に17回もフリーズが発生しています。

stalling for detach

この症状は、Mac OSX El Capitan(10.11.6)において、2016/12/13に発表されたセキュリティアップデートを適用していると発生するようです。

この問題は日本語での報告があまり上がっていないので、多くの人が困っていると考えて書いてみました。

参考:

http://researchmap.jp/jolrbonkj-2160364/#_2160364

http://seismohorihori.hatenablog.jp/entry/2017/01/04/154025

英語でのコミュニティ

このフリーズ問題に関する情報が最も多いのはこちらのコミュニティです。

Latest ElCap upgrade hanging 10.11.6 – “Stalling for detach”

※なお、こちらにも情報があります

Stalling for detach from IntelAccelerator, nvAccelerator

AMD Graphics stalling on 3 Macs with latest El Capitan udpate

2017.1.18 追記 アップルからのアップデートが!

この記事をアップして数日後、2017年1月18日になって、Appleよりこのようなアップデートが配布されました。

アップデート

セキュリティアップデート 2016-003 追加アップデート

OS X El Capitan セキュリティアップデート 2016-003 追加アップデートでは、Mac がときどき応答しなくなるカーネルの問題が修正されます。

おそらく、本問題に対処するアップデートかと思われます。今すぐアップデートしましょう!

旧対処法

まだ完全な対処法(Appleのアップデート)は存在していませんが、その中で遂に一定の効果がある対処法が出てきました。

I then killed the UserEventAgent.

sudo kill -9 <pid>

and the system recovered! The UserEventAgent restarts immediately but the resources are freed.

You have to insert the correct pid for the UserEventAgent owned by root. There are running two (or more) instances of UserEventAgent.

“UserEventAgent”をkillすれば改善される、というものです。今まで対処するにはMacを再起動せねばなりませんでしたから、かなり大変な作業でした。フリーズするので、再起動するだけでも大変なので、、

ターミナルを起動して、このように試してみると、確かにフリーズしなくなります。

  • ps -xa | grep -i UserEventAgent
  • sufo kill -9 (上で出てきた番号)

Terminal

あるいは、”killall UserEventAgent”としても良いかと思います。

もしフリーズ問題でお困りの方、こちらを試しては如何でしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする