トレードステーションのレーダースクリーンに銘柄を一括追加する

カスタムシンボルリスト

トレードステーションのレーダースクリーンでは、2,000銘柄までの銘柄の各種データを、一括チェックできます。

トレードステーション

さて、2,000銘柄まで一括チェックできるのはとても便利なのですが、逆に困ってしまうのが「どうやって銘柄を追加するか?」ですね。

レーダースクリーン

せっかく2,000銘柄まで追加できるとなると、2,000銘柄まで追加したくなってしまいますが、1つ1つ銘柄を追加するのはとても大変です、、

ですので今回は、銘柄を一括追加する方法を記事にしてみます。

銘柄一覧リストを用意する

さて今回は、「東証一部に上場している全銘柄」を追加してみたいと思います。

上場している銘柄の一覧は、日本取引所グループのサイトから入手してみます。

上記データをExcelを利用して、東証一部上場銘柄の銘柄コードを、テキストファイルにこのように保存します。

銘柄コード

上記画像ではMac上でファイルを編集していますが、Windowsのメモ帳でもやり方は同じです。

ポイントは下記のとおりです。

  • 銘柄コードを””(ダブルクオーテーション)で囲む
  • 1行に1銘柄コードのみ
  • すべて半角文字で
  • 拡張子を.cslで保存する(.txt ではダメ)

ファイルを指定フォルダに移動

保存が終わったら、このファイルを下記のフォルダ内に保存します。

要するに、トレードステーションがインストールされているフォルダの中にある、「Custom Symbol Lists」フォルダの中です。

C:¥Program Files (x86)¥TradeStation 9.5¥Custom Symbol Lists

このように、ファイルをいくつも作って保存しておくことができます。

カスタムシンボルリスト

レーダースクリーンでリストを追加

最後に、レーダースクリーン上にて、銘柄のリストを追加します。

レーダースクリーン上で「挿入」→「シンボルリスト」を選択し、

シンボルリストを追加

「カスタムシンボルリスト」の中から、追加したいものを選択します。

カスタムシンボルリスト

追加したい銘柄一覧を選択して「OK」を押せば、レーダースクリーンに銘柄一覧が追加されます。

参考までに

参考までに、私が作ってみたカスタムシンボルリストをここにアップロードしてみます。

欲しい方はぜひご活用下さい!

トレードステーションの口座開設

トレードステーションで株の自動売買をするには、もちろんトレードステーションの口座開設は欠かせません。口座開設はこちらから可能です。

トレードステーション

また、少し手順が増えますが、fx-onというサイトを経由してトレードステーションの口座開設をすると、自動売買プログラムが無料でもらえるキャンペーンが行われています。

fx-on

詳細はトレードステーション口座開設で、自動売買プログラムがもらえるキャンペーン!をご覧ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする