トレードステーションのフル板情報、マトリックスの見方

2017年1月4日

マトリックス

トレードステーションでは、もちろんフル板機能が用意されており、他の株式取引ツールよりもかなり高機能なはずです。

トレードステーション

ですが、高機能なので初めて見てみるとよく分からないものもあり、、ここで整理してみます。

板情報→マトリックス

トレードステーションでは板情報の画面はマトリックスと呼びます。

左はじのタブをクリックして、「マトリックス」をクリックして開くことができます。

マトリックス

マトリックスの画面の見方

様々な機能がありますが、ここでは分かりにくいところを説明する図を作ってみました。

マトリックス

文章でも説明します。

価格の横に出てくる記号

eoとec

ザラ場以外ではeo、ザラ場にはecが出てくるはずです。

それぞれestimated openとestimated closeを意味し、予想始値と予想終値を意味します。

v

VWAPの値段のところに、「v」がつきます

価格の横の数字

直前の約定数量が出てきます

数量をクリックするとそのまま注文可能

板の中央部分に、買いと売りの注文数量が並んでいますが、ここをクリックすると即座に注文が可能です。

クリックするとこのような確認画面が出て、即座に注文が可能です。確認画面を出さない設定も可能ですので、すぐさま注文ができます。

ワンクリック

クリックしたときにどういう注文を行うかは、マトリックス右側の項目で設定が可能です。

設定

でき高バー

でき高が数字で出てくるだけでなく、バー状になってわかりやすくなっています。

しかも、直近のでき高ほど明るい色で示されています。30分おきに色が暗くなっていきます。

 

トレードステーションの口座開設

トレードステーションで株の自動売買をするには、もちろんトレードステーションの口座開設は欠かせません。口座開設はこちらから可能です。

トレードステーション

また、少し手順が増えますが、fx-onというサイトを経由してトレードステーションの口座開設をすると、自動売買プログラムが無料でもらえるキャンペーンが行われています。

fx-on

詳細はトレードステーション口座開設で、自動売買プログラムがもらえるキャンペーン!をご覧ください!